2014年4月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

増加傾向に

京都祗園のコンパニオン求人情報サイト|Peace
メンズエステの求人はここのサイトがオススメですよ。|イマジン東京

近年、風俗でアルバイトしたいと考えている女性が増加傾向にあるようだ。
それは世間が不景気で、どこも正社員で取ってくれない、普通のアルバイトでは収入に不安があるという中、風俗業界はほとんど不景気知らずで利用者数も多く、また他のアルバイトに比べてはるかに高額な収入が得られるから、という理由があるからだそうだ。
求人情報を見ていても、その事情はよくうかがい知れる。風俗の求人情報が途絶えることはないし、そのどれもが、非常に高額の日給を保証している。
このご時世、そんな業界が他にあるとは思えない。従って、女性が風俗業界でアルバイトをしたいと考えても、何ら不思議はない、いや、当然とさえ言えるのではないだろうか。

安易な考えでは

しかし、昨今の風俗求人を探す女性たちを見ていると、あまりにも安易に、そこで働くことを決意しているのではないだろうか、と若干心配になる。
心配になるだけならまだしも、実際に風俗を利用する男の一人として、安易な考えと決断で嬢になられては困ることもある。安易な考えで嬢になった女性は得てして、あまりサービスが得意ではなく、一度当たれば二度とは利用したいと思えないからだ。
男として物申したいことは、風俗で働くならば、せめて嬢として、プロ意識を持ってほしいということだ。

プロとして

風俗嬢はボランティアではない。金をもらっている、立派な仕事だ。仕事に就いている者として、その仕事に責任をもってもらいたいというのは、何もおかしな話ではない。
ただ、責任を持て責任を持てと言ったところで、それが可能になるとは思えない。なぜなら、そもそも女性の多くは、風俗がどういったところか知らないし、知る機会もほとんどないからだ。
男なら、時折利用することがある。興味から調べることもあるだろう。しかし女性は、ほとんどそういったことがない。調べると言っても、それはそこで働くことを決めてからだ。分野が特殊すぎて、集められる情報も限られてくるのではないか。

今ここに

つまり、プロ意識のない、安易な考えのまま嬢になる女性に足りないのは、責任感でも、覚悟でもなく、知識なのではないだろうか。
知識を与えられる、理解を深められる場所さえあれば、そんな嬢たちも、一人前の嬢としてサービスをしてくれるのではないだろうか。
で、あるならば、その場を提供するのは、男の役目だと言えるだろう。それによってこちらも、プロ意識の高い嬢に接客してもらえるという利益がある。
ならばこそ、全力で、ここに風俗について私が知り得る情報のすべてを書き記そうではないか。

風俗のアルバイトは高待遇・高収入なのでオススメですよ。|風俗バイトWEB

宇都宮の最新デリヘル求人がここに掲載されてます!|ダイヤモンドナビ

神戸の働きやすさ抜群のデリヘル求人なら:ワーカープラス